アメリカ名門大学を含め卒業率90%以上
留学のアメリカンドリーム

留学体験談

2022.2.26 閲覧数:336

けん玉世界チャンピオン快進撃!!「図書館に住んでるの?・Japan Clubの会長に・寮を出てオフキャンパスに・中米に旅行!」【アメリカ大学留学体験記】

アメリカで2年目の大学生活を終えたけん玉の世界チャンピオンのタイトルを持つ
ユージンリーこと、中野有二郎君から届いたレポートをご紹介します。
もし「理想の大学留学生活」というものがあるならば、
中野君の以下のレポートはそれに近いかもしれません。

しかし、そんな生活を送ることができているのには
ちゃんと理由があるような気がします。

中野君は2019年の3月に広島の山陽高校を卒業し、返済不要の
「アメリカ大学奨学金留学プログラム」に申込み、2020年の1月から、
ミネソタ州、WinonaにあるWinona State University で勉学に励んでいます。

●中野君が「ユージンリー」になったワケ ➡「僕の名前はユウジンリー」

●中野君の旅立ちの様子 ➡ 「世界チャンピオン、アメリカの大学に留学す!!「無事到着しました!!」

 

======== Mr. Yujiro NAKANO wrote =======
吉川様、八木様、岩下様。

アメリカンドリームの皆様こんにちは!

現在Winona State Universityに通ってる中野有二郎です。
僕のいるミネソタ州は寒い日が続いていますが、
寒さにも慣れ元気に充実した日々を送ることができています!
遅くなりましだが、今学期の成績が出たので報告させていただきます。

今学期は、Economics, Accounting, English, Chinese, Physical Educationの
5クラス15単位を取り、全てのクラスでA評価を取ることができました!
Undergraduateになって初めて全てのクラスがin-person(対面授業)っていうのもあり
楽しみな気持ちと不安な気持ちがたくさんありましたが、良い成績をとれてホッとしています。
(夏はまた授業を受けたいと思っていましたが、今は少し休憩が欲しいです笑)

Managerial Accountingは初めのテストで70点を取ったりassignment の量が多かったりなど、
セメスター開始早々に心を砕かれかけましたが、
吉川さんが仰っていた諦めなければ何とかなるという言葉を信じ
友達と図書館にこもり助け合いなんとか最後にはAで終えることができよかったです。
(図書館に住んでると言えるぐらい今学期のほとんどの時間は図書館で過ごしていました笑)

このセメスターからJapan Club(僕らの大学ではアメリカ人に日本の文化などを体験してもらってます)の
プレジデントにも挑戦し始め、大変ですが新しい経験ができていて本当に自分が成長していると感じています。
特にけん玉をした時にはみんなが楽しんでやっているのを見て本当にうれしかったです。

また友達と寮ではなくオフキャンパスに住み始めたのですが、
全く問題が起きることもなく快適に過ごせています。
また隣の家にも友達が住んでいるため、毎週末どちらかの家で遊んだりするなど
勉強からも距離を置くこともでき本当に楽しい留学生活が送れています!本当に彼らが大好きです!

この冬休みは友達と中米のBelizeという国に旅行に行ったり(ついこないだ戻ってきました)、
またユタ州などの西にある州に行くなどして、ミネソタの寒い冬から逃げたいと思います。

次のセメスターは単位数を少し増やして18単位を今の段階では取ろうと思っています。
また、来学期は僕が留学を始めてちょうど2年が経ちますが、
僕がこうして充実した留学生活を送れているのはアメリカンドリームの皆様のご指導のおかげです。
本当にありがとうございます。
これからもご指導の程よろしくお願いします。

皆様もお体にお気をつけてお過ごし下さい。
また帰国した際にお会いできることを楽しみにしています。
(僕の大好きなルームメイトと友達の写真を添付しています。良かったら見てください)


中野君:写真(中央/緑のTシャツ)

Spring 2020 中野有二郎
======== End of Copy =======

お見事!!

中野君は、出発前から目標に向かって真っすぐな努力を重ねる男子でした。
中野君はとても素直に物事に関心を示します。
そして彼は、「思ったら行動に移します」
一度でできなくても、「練習を続けます」
そして、そんな彼に周囲は共感を示し、彼は周囲にも援助の手を貸します。

何かを考えつくのが10人に1人。考えるだけの人が多いがその中で行動するのが10人に1人。
やればすべてうまく行く訳ではないから、達成できるのはその中の10人に1人。
だから何かを達成できる人は「1000人に1人なんだ。」と、言う人がいます。

その通りかもしれません。もしそうならば、達成のための道筋は明白です。
「良いと思ったらそこにたどり着く方法を考えろ。思いついたら行動せよ。
行動してダメだったら別の方法を考えて10回でもやれ。」
1000人に1人の理論が正しいならば、理論通りに目標を達成できるはずです。

彼のアメリカでの冒険がどんなものになるか、と楽しみにして送り出しましたが
まさに八面六臂の大活躍!!勉強に、友人関係に、キャンパス内でも、
そしてオフキャンパスから米国外まで、多くの友人たちに囲まれながら
様々な経験を重ねています。

この記事を読んでくださっている大勢の現役留学生諸兄、そして留学生予備軍の皆さん、
明るい明日に向かって、さあ、今日もベストを尽くしましょう!!
ベストを尽くして出るのが答え。転んだら起きてまた歩き出せば良い!!

素晴らしいことが、たくさんありますように・・・!!

アメリカンドリーム
吉川浩司

 

☆ ★ ★ ☆  アメリカンドリームからの留学情報 ☆ ★ ★ ☆

中野君が申込んで留学した、返済不要の「アメリカ大学奨学金留学」

アメリカの大学が日本人留学生のために、返済不要の奨学金を支給します!!

返済不要の「アメリカ大学奨学金留学」に関する最新の説明会情報については以下をご確認ください!!

↓ ↓ ↓

留学説明会情報

※個別相談(無料)も随時受付しております。ご希望の方はこちらまで➡「お問い合わせ・資料請求」

 

このページの先頭へ