アメリカ名門大学を含め卒業率90%以上
留学のアメリカンドリーム

留学体験談

2023.2.17 閲覧数:693

この1年で恐竜にしっかり関われました。それと、私の大学での1日が大学の紹介ビデオとして公開!【アメリカ大学留学体験談】

広島女学院高校を卒業して、返済不要の「アメリカ大学奨学金留学プログラム」に申込み、
2021年の1月にミネソタ州のWinona State Universityに留学した、大久保穂香さんから
この1年間の留学レポートが届きました。(レポートは2022年8月のものです。更新をさぼってました)

アメリカの大学には数多くの専攻分野がありますが、
最初の面談の時に、大久保さんから、「恐竜の研究をするために留学したい」と言われた時は、
「え?なんの研究?」と、聞き返したことを覚えています。

大久保さんがCAP:アメリカの大学大学院への直接留学プログラム
に申込んで留学準備をしていた頃は、まさにコロナ禍で世界中が大混乱の最中でした。
最初に入学予定だった大学の英語プログラムがコロナのために突然閉校となり、
彼女は出発できなくなりました。彼女は日本のオンラインの授業を取って英語力を引き上げ
次の学期にアメリカの大学の通常授業への入学を果たして出発しました。
その時の様子はこちらへ!!⇒新型コロナウイルスが原因で留学予定だった大学の英語コースがいきなり閉鎖。そこから「コロナに負けるな!」と、逆転へ!!

そんな頑張り屋の大久保さんらしい、この1年間の奮闘ぶりを、どうぞご覧ください。

======= Honoka OKUBO wrote =======

吉川さん、八木さん、岩下さん、こんにちは!
Winona State University に在学中の大久保です。

前回の一時帰国後からの1年間のことを報告をしようと思います。以下長文失礼します。

【成績について】
1つのクラスでBを取ってしまいオールAを逃してしまいました。そのクラスが私の専攻のGeoscience だったこともあり、あの時もう少し勉強しておけば、、など沢山後悔しましたが、もうこんな成績を取らないように気を引き締める良いきっかけだったと思うことにしました。出来たら卒業前にもう一度そのクラスを受け直そうかなとも考えています。

【友人関係】
前回帰国した時には友達が全然出来なかったとアメドリで話したのを覚えています。しかし、この1年で沢山友達を作ることに成功しました!親友と呼べるほどの信頼できる友達にも出会い、シカゴへ旅行したり、初めの学期と比べて大学生活を謳歌できたように思います。

交友関係が広がったことにより、治安上ビックリするようなトラブルも友人の一人が遭遇しました。いくらWinona が比較的安全な町とはいえ、知らないだけで沢山事件は起こっていそうなので気をつけて生活しようと思います。

【恐竜について】
この1年では恐竜にしっかり関われました。

まず、秋学期に受けた恐竜の授業は教授のクイズがとんでもなく意地悪なことを除いて、とても楽しい時間でした。

春学期には、私の作業スペースを教授が研究室に用意してくださり、化石クリーニングに挑戦することが出来ました。まだ完了していないので秋学期に再開するのが楽しみです。そこでわかったのは化石クリーニングに必要なbe patient が私はとても苦手なことです。教授にも「君は1番我慢強さがない古生物学者だね。」と言われてしまいました。その場では笑いましたが、とても悔しいのでどうにかして克服できるように頑張ります。

さらにこの夏休みではNorth Dakota へ行き、1週間の化石発掘キャンプに参加しました。私の教授がそのキャンプを主催しているグループのメンバーなので、キャンプの間も授業のような感じで沢山学ぶことができました。こんな教授のいる大学を選べて私はとても幸運だなと思います。また、同じような恐竜を愛する人達との出会いはとても貴重でした。同じくWSUから来ていた生徒とも仲良くなり、一緒に研究室で作業するのが楽しみです。
このキャンプを通して私は本当に恐竜が好きなんだということを実感しました。私は虫と熱に弱いというキャンプに向いていない性質を持っていますが、想像以上に1週間を楽しめました。その後の日常がつまらないなと思えるほどでした笑

【仕事について】
この夏休みから大学のこども園でオフィスアシスタント兼 toddler の先生のバイトを始めました。まだ初めて2ヶ月ですが子供たちはみんな可愛いし、先生達は全員素敵で最高の職場です。

【次学期について】
次の学期ではpublic speaking, 2つのGeoscience, general physics の15単位をとる予定です。Geoscience のクラス両方とphysics でそれぞれ2時間のlab授業が週3の授業とは別であるのでスケジュールはぎっしりしています。勉強と仕事と化石と友達の4つを両立して、さらに充実したアメリカでの留学生活を目指します!

大学の奨学金のために作った私の1日のVlog がWSU International Office のInstagramのアカウント( winonastateuinternational) で公開されています。重すぎてメールには添付できなかったのですが、もし時間があったら見てみてください!
https://www.instagram.com/tv/Cd9FuzvFy4e/?igshid=YmMyMTA2M2Y=
大学紹介ビデオ:Honoka OKUBOの一日

最後に、コロナも第7波だったり広島はミネソタ州よりとても暑いと思いますが、体調に気をつけて良い夏をお過ごしください!

大久保 穂香

 

☆ ★ ★ ☆  アメリカンドリームからの留学情報 ☆ ★ ★ ☆

大久保さんが申込んで留学した、返済不要の「アメリカ大学奨学金留学」

アメリカの大学が日本人留学生のために、返済不要の奨学金を支給します!!

返済不要の「アメリカ大学奨学金留学」に関する最新の説明会情報については以下をご確認ください!!

↓ ↓ ↓

留学説明会情報

このページの先頭へ