アメリカ名門大学を含め卒業率90%以上
留学のアメリカンドリーム

留学体験談

2023.10.23 閲覧数:459

2年目のスタートのご報告【アメリカ大学留学体験記】

コロナパンデミックで甚大な影響を被った私達留学業界は、
現在、この数年間海外研修や留学の機会が閉ざされていた方々の、
待ちわびた広い外の世界への旅立ちのサポートに奔走しています。

すみません。貴重な留学体験談を送ってくれた留学生達のご紹介を
怠っていた言い訳から始めました。

彼ら留学生達の海外での奮闘ぶりこそが、我々がこの仕事をしていくエネルギーであり、
後に続く人たちの背中を押す最も強力なサポートだと思います。

送ってもらったのはすでに去年のこととなってしまいましたが、
広島女学院中学高等学校を卒業して、返済不要のアメリカ大学奨学金留学プログラムに
申込んで2021年の8月にアメリカに留学。その後優秀な成績を修めて
2022年の秋からテキサス州のTexas Wesleyan Universityに転校して
留学生活2年目を開始する時点にレポートを寄せてくれた前田理子さんからの
留学体験記をご紹介いたします。

前田さんはおしとやかなイメージがあるのですが、
目標に向かって着実な歩みを決して止めない芯の強い女性です。

====== Riko MAEDA wrote =====

吉川さん、八木さん、岩下さん

Texas Wesleyan Universityに留学中の前田理子です。その後のご報告をいたします。
本来なら8/19にはテキサスに着く予定だったのですが、往復でとったチケットで一回目に乗らなかった場合(カナダ経由だったのですが、transit visaを取るのを知らず乗れませんでした)は帰りの便は自動的にキャンセルされるという航空券のルールを知らずミスしました。当日の航空券は50-100万円ほどでとても高く、やっと見つけた安いものがドイツのミュンヘンとフランクフルト経由の42時間を超えるものでしたが、8/22の授業開始にとにかく間に合わせたかったので、これに決めました。

今は新しいアパートメントに引っ越し、8/25には母が来て部屋の片付けを手伝ってくれたり料理を習ったりしています。Labor dayには母とイエローストーン、ユタ州を観光し壮大な景色を楽しみました。今週末には母が帰るので、本当の一人暮らしが始まります。

今学期は、私のメジャーとなるだろうAccountingを始め、ENG compo2, Exercise science, College Algebra, Chemistryの5つのクラスをとっています。Accountingは課題の量が多く難しいですが、数字がピタッと合うのが気持ちよくて向いているかもしれません。2年になって日々課題の提出に追われていますが楽しんでいます。

日本は涼しくなってきたと聞いたので、皆様体調に気をつけてお過ごしください。

前田理子
(Texas Wesleyan University)

====== End of copy =====

冒頭書きましたように、このレポートを送ってくれてから時間が経っています。
すでにあれから1年。「Texas Wesleyan Universityでの1年間」のレポー
トが届くのを
楽しみに待つことにしましょう。

素晴らしいことが、たくさんありますように・・・!!

アメリカンドリーム
吉川浩司

☆ ★ ★ ☆  アメリカンドリームからの留学情報 ☆ ★ ★ ☆

前田さんが申込んで留学した、返済不要の「アメリカ大学奨学金留学」

アメリカの大学が日本人留学生のために、返済不要の奨学金を支給します!!

返済不要の「アメリカ大学奨学金留学」に関する最新の説明会情報については以下をご確認ください!!

↓ ↓ ↓

留学説明会情報

※個別相談(無料)も随時受付しております。ご希望の方はこちらまで➡「お問い合わせ・資料請求」

このページの先頭へ