アメリカ名門大学を含め卒業率90%以上
留学のアメリカンドリーム

留学体験談

2021.1.7 閲覧数:237

【コロナに負けるな!】世界最高峰のプロバスケットリーグNBAに就職決定!!「まず第一の夢叶いました」【アメリカ大学留学体験記】

 アメリカンドリームのホームページの体験談の人気シリーズ「内田兄弟シリーズ」の

出来の良い弟君は、2013年に広島市立舟入高校を(私の母校でもあります)を卒業し、

返済不要の「アメリカ大学奨学金留学プログラム」に申込み、

ミズーリ州のLindenwood Universityに入学。そして同大学でアスレチックトレーナーの

全米認定資格を取得。優秀な成績で大学を卒業しOPTでアシスタントトレーナーとして

スタンフォード大学に勤務。その後、ハワイ大学大学院に入学してトレーナーとして

働きながら修士号を取得、という素晴らしい軌跡を重ねています。

 

 そんな彼はアメリカンドリームの後輩たちの面倒もよく見てくれて、

帰国のたびごとに会社に顔を出して後輩たちとの質疑応答に答えてくれていました。

新型コロナウイルスの影響下にあっても、ハワイからZoom(オンライン会議システム)を使って大学院生活や、コロナ禍のアメリカの様子などを留学準備生に話してくれていました。

 

 まさにそんな状況を話してくれていた2020年の夏ごろには新型コロナウイルスの影響で決まっていた就職先の状況に変化が出て、「就職活動、また最初からやり直します。」という連絡を受けていました。

 

 どんな時も自分の力で道を切り拓いて来た内田君のことなので、必ず突破するだろう

と思っていたところに、「フロリダの大学からアスレチックトレーナーのオファーを

頂いています。」という連絡があり、恐らく彼はそこで決まるだろう、と思っていたら

嬉しい驚きの連絡が届きました。そのメイルをご覧ください!!

 

 

====== Takahiro UCHIDA wrote =======

 

吉川さん、八木さん

 

お久しぶりです。

元気にされてますか?

 

前回、フロリダの大学からのアメフト部のアスレチックトレーナーのオファーを受けたと連絡されたのですが、実はその後いろいろあり断らせていただきました。その理由もやはり、NBAを目指していたからです。

 

先日いきなりだったのですが、NBAのAtlanta Hawksというチームと面接をして、昨日seasonal assistant のポジションのオファーをいただきました。

まだまだこれからですが、NBAという第一の目標のスタートラインに立てて嬉しいです。

 

これからも頑張っていきたいとおもいます。

 

短いですが、近況報告とさせてもらいます。

 

お体にはお気をつけてください。

 

内田貴広

Takahiro Uchida, MS, ATC, PES

 

====== End of copy ======

 

 NBAとはNational Basketball Association:全米男子プロバスケットリーグのことで、

北米に30チームあり、その内の29チームがアメリカ合衆国にそして1チームがカナダを

本拠地としている、アメリカ4大スポーツのうちのひとつです。

NBAは、バスケットボールでの売り上げが世界一であることはもちろんですが、

すべてのスポーツの世界売上ランキングにおいて、NFL(アメリカンフットボール)

MLB(アメリカメジャーリーグベースボール)に次いで、世界第3位の売上を誇る、

世界のスポーツビジネスの頂点の一角を担うプロスポーツリーグです。

 

 内田君は、その世界3大スポーツの一角を構成するわずか30チームの内の

ひとつに、この度トレーナーとして雇用されたわけです。

 

 内田君以外に日本人でNBAで働いている人が居るのかどうか不明ですが、

日本の地方都市広島で、「将来NBAで働きたい。」と夢を語ったら、果たして何人が

それを本気で受け止めるでしょうか。内田君は高校時代にバスケットボールをやっていましたが、バスケットを好きな人のうちの何人かは「NBAに関わる仕事につきたい」と、考えるかもしれません。しかし、その夢を持ち続け、そのための努力を続けることができる人はどのくらいいるでしょうか?

 

 内田君は、高校を卒業した8年後にその夢を叶えて見せてくれました。

 

 現在、海外の大学に留学中の生達から近況報告が届いています。新型コロナウイルスの

影響下、皆今までに体験したことが無いような環境の変化の中で一生懸命前に進もうとしています。昨日の「アメリカンドリームからの新年のご挨拶2021」でご紹介したように、弊社も「学校主催の海外研修が全てストップしている」など、コロナの影響を大きく被っています。しかし、幸いなことに私達にはこうして異文化の中で奮闘し、

見事に夢を叶えて見せてくれる若者たちが進むエネルギーを与えてくれています。

 

 これから少しの間、内田君のように逆境の中で頑張っている彼ら留学生の姿を

「コロナに負けるな!」というシリーズとして、ご紹介したいと思います。

 

 明けない夜はない。止まない雨はない。

さあ、自らが目指すあの光に向かっていざ、進みましょう!!

 

 素晴らしいことが、たくさんありますように・・・!!

 

(株)アメリカンドリーム

代表取締役 吉川浩司

 

 

 

☆ ★ ☆  ★ ☆ ★  ☆ ★ ☆  ★ ☆ ★

 

内田君も申し込んで留学した

返済不要の「アメリカ大学奨学金留学プログラム」

 

説明会を開催します。(無料です)

奨学金の申し込みには、説明会への参加が必須です。

詳しくは以下をご覧ください!!

↓ ↓ ↓ 

アメリカ大学奨学金(返済不要)説明会

 

 

 

 

このページの先頭へ