アメリカ名門大学を含め卒業率90%以上
留学のアメリカンドリーム

留学体験談

2020.1.31 閲覧数:113

「明るい原田です。大学に到着しました!!」【アメリカ大学留学体験記】

 この前の記事でご紹介した中野君と一緒に日本を旅立った原田佳樹君をご紹介します。

原田君は、2019年の3月に岡山県の就実学園高等学校を卒業して、

返済不要のアメリカ大学奨学金留学プログラムに申込み、

2020年1月からミズーリ州の Lindenwood University に入学するために日本を旅立ちました。

 

 前の記事でご紹介した中野君とは、羽田からミネソタのミネアポリス空港までが

同じ行程で、ミネアポリス空港で、AD生OBの内田君の出迎えを受け、

中野君は翌日そこからバスでミネソタ州のWinona State Universityに、

そして原田君は飛行機でミズーリ州のランバート・セントルイス空港に

向かいました。

 

その原田君からの現地到着報告が以下です。

 

========== Yoshiki HARADA wrote ==========

 

吉川様、八木様、岩下様

 

こんばんは!

お忙しい中申し訳ありませんが、到着の報告をさせてください。

昨日、無事に大学へ着くことができました。

 

初日のミネアポリスでは中野君と内田先輩のサポートもありましたが、2日目のミネアポリスから大学までは1人で、緊張もしましたが到着することができました。到着してからは大学の方がすごく親切に質問に答えてくれてチェックインやプレイスメントテストや買い物もできました。カフェテリアでの食事は毎食違う人と食べているので同じメニューでも緊張で違う味に感じるのでよかったです!毎日成長できるようにCAPや先輩方から教わったことを活かしてチャレンジしていきたいと思っています。

 

また何かあれば連絡させてください。

よろしくお願いいたします。

 

原田佳樹

 

========== End of copy =========

 

 アメリカンドリームからの留学生には、面白い子たちが多いのですが、

この原田君もユニークです。本人は気が付いてないと思うのですが、

とにかく何をするのも固い。表情が硬い。表現が硬い。言葉が硬い。

 

 あまりにそれらが硬いので、

「おい原田君、これからアメリカに行って下手な英語を駆使して友人を作り、

自分の居場所を作ろうと言うのにそんなにカチカチじゃあ、

人が離れて行っちゃうよ。もっと明るくしろよ。」と言うと、

 

「はい。分かりました。これから明るくします。

で、どうやったら明るくなりますか?」

 

「えぇ?どうやったらって、そりゃあ、まず表情をもう少し豊かにしてだなぁ。

オフィスに入る時は笑顔で大きな声で、『こんにちわ!明るい原田です!』

と、こうだろうし、電話をかけて来る時も、まずかける前に2~3回発声練習して

『こんにちわ!明るい原田です!』と、こうだろう。」

 

と、言ったら、彼はそれから髪の毛の色を少し明るくし、

毎回、『こんにちわ!明るい原田です!』を、やり続けましたが、

必ずその発声が1~2秒遅れます。恐らく決心を固めてから声を出しているんでしょう。

 

 そんな明るい原田君のアメリカでのチャレンジが始まりました。

アメリカでの経験が、これから彼をどんな男性に育ててくれるのか、

私達もそれを楽しみに見せてもらうことにしましょう。

 

 日本を旅立った、若き留学生達に大いに幸あれ!!

 

1.akaruiharada

(*真ん中が、明るい原田君です!明るいですか?)

 

アメリカンドリーム

吉川浩司

 

 

☆ ★   ★ ☆  アメリカンドリームからの留学情報 ☆ ★   ★ ☆

 

原田君が申込んで留学した、返済不要の「アメリカ大学奨学金留学」

アメリカの大学が日本人留学生のために、返済不要の奨学金を支給します!!

まずは無料説明会にお越しください。

↓ ↓ ↓

アメリカ大学奨学金(返済不要)説明会

 

337.返済不要の「アメリカ大学留学奨学金 全国説明会」広島会場の説明会日程決定!!

 

 

このページの先頭へ