アメリカ名門大学を含め卒業率90%以上
留学のアメリカンドリーム

留学体験談

2017.2.7 閲覧数:55

大学から給料をもらって絵を描いた上に、描いた絵が売れて大学に寄贈されることになりました!≪内田兄弟シリーズ≫【アメリカ大学留学体験記】

 

 現役留学生AD生をはじめとして、このホームページを読んでくださっている方々の間で

人気の「内田兄弟シリーズ」に新作が届きました。内田兄弟は、1歳違いの兄弟で

二人そろって、返済不要の「アメリカ大学奨学金留学プログラム」に参加して留学中。

アスレチックトレーナーを目指して、プロチームなどでインターン中の優秀な弟君と、

専攻をArt  major に変えて以降、描いた絵が高値で売れたりと、

活躍目覚ましいArtist のお兄ちゃんの二人です。

 

 *弟君の過去のページ:アメリカン・フットボールのプロリーグ NFLのチームでインターンを終えました!!【アメリカ大学留学体験記】

 

 *お兄ちゃんのページ:「お兄ちゃん、奮闘!!」大学院に向かって!≪内田兄弟シリーズ≫【アメリカ大学留学体験記】

 

 かつては、キッチンで食べ物を焦がして大煙を発生させ、消防車が出動して

大学中から顰蹙を買うなど、私たちをとっても楽しませてくれたお兄ちゃんですが、

最近は芸術活動が大学のみならず地域コミュニティーでも認められ、

次回会った時には、「巨匠」と呼ばなければいけないんじゃないか、と思っている

素敵なお兄ちゃんからの、新しいレポートです。

 

 

======== Yuta UCHIDA wrote =======

 

吉川さん、八木さん

 

こんにちは、内田(兄)です。
おそらく、広島も冬になり寒くなってきたのではないでしょうか。お元気でしょうか。
ここ、スペリオル(ウィスコンシン州)では、最近まで大して雪も降らず、「今年は暖冬だね」などと言っていたのですが、
気がついたら、雪に覆われ、今は体感温度-30度の極寒の街になってます。と言っても、4年以上ここに住んでいるので、もうそういうことにも慣れてきましたが。
 
さて、今年は、私の大学最後の年(気づけば、なぜか卒業が弟と同じ年になってました)なので、いろいろ忙しいのですが、幾つか面白い(かもしれない)出来事があったので、ご報告させていただきます。
まずは、この夏、大学のSummer Research Undergraduate Fellowship のプログラムに選ばれたので、3500ドルくらいの給料みたいなものをいただきながら、ちびちびと絵を描いていたのですが、無事期限までに完成し、この秋学期でのシンポジウムで出展してまいりました。(画像添付します)
 
 
 
1.yutauchidas picture
 
 
 
大きさは、縦180センチぐらいあります。
いろいろ苦労した甲斐もあり、合計250時間の活動の結晶であるこの絵は、幸運にも高評価をいただき、なんと、学校のDean of faculty (すみません、日本語訳がわかりません。学校の偉い役職ですよね?*吉川注:日本でいう「学部長」のことです。)が個人的に購入してくれる約束をしてくれました。後々、購入後は学校に寄付され、キャンパス内に設置されるらしいです。金額は、詳しくは言えませんが、今学期の食費が賄えるくらいです(予定)。
こうして、たとえ自分が卒業した後でも、自分の姿が、後輩たちの眼に焼き付けられることになるとは思ってもいなかったことなので、感慨無量です。(もっと、イケメンに描いとけばよかったかもしれませんね)
ちなみに、このdean, 名前もDeanっていうので、最初 Hi I’m Dean the deanって言われて、さむいアメリカンギャグか何かと思って戸惑いました。
 
今週の金曜日にも、隣町のギャラリーで出展するので、今はその準備をしております。
 
それ以外のことといえば、特にないのですが、将来の予定としては、やはり自分はもっと芸術を高いレベルで勉強したいという気持ちがあり。大学院にチャレンジをすることを決めました。第一志望は、ミネソタ大学です。この前、キャンパスを訪ねて話を聞きに行ったのですが、施設の豪華さに感激しました。
出願も、もう間も無く完了しようかというところで、ナーバスになりながらも、日々頑張っております。
 
この冬は、メキシコにお邪魔する予定なので、残念ながら吉川さんと八木さんを訪ねることができるのは、来年の夏になりそうです。
 
寒さもまだまだ厳しくなるでしょうから、どうぞお身体を大切に。
ではまた。
 
内田悠太
 
====== End of copy =======
 
 なんと給料をもらって絵を描いた上に、描いた絵を学部長が購入してくれて、
それが大学に寄贈されて展示されるとは、なんと素晴らしいことでしょう!!
 
 もうひとつ嬉しいのは、お兄ちゃんが卒業すると、このシリーズも終わってしまうなあ、
と思っていたのですが、大学院に進学するとあって、もう少し楽しいレポートを聞かせてもらえそうです。
 
 兄弟ともにそれぞれの才能を開花させて存分に精進している姿には大いに感心させられます。
 
内田兄弟の行く道に、大いに幸あれ!!!
 
アメリカンドリーム
吉川浩司
 
 
★ ☆ ★  ☆ ★ ☆  ★ ☆ ★  ☆ ★ ☆  ★ ☆ ★
 
内田兄弟も参加して留学中の
「アメリカ大学奨学金(返済不要)留学プログラム」
 
2018年度生 募集中
説明会 広島会場はこちらへ!!
↓ ↓ ↓
 
 
この奨学金は返済不要
卒業まで毎年支給
申込時点の英語力に制限なし
 
 
 
 
 
このページの先頭へ