アメリカ名門大学を含め卒業率90%以上
留学のアメリカンドリーム

留学体験談

2016.2.23 閲覧数:73

【アメリカ大学留学体験記】≪内田兄弟シリーズ≫ 芸術家のお兄ちゃん、また頼まれてイベントでライブペインティングを披露!!

 

 

 兄弟そろって「アメリカ大学奨学金留学プログラム」に参加して、それぞれ別の 大学に留学中の
内田兄弟。今回は、広島修道高校を卒業して University of Wisconsin Superior で
Artを専攻している、お兄ちゃんこと、内田悠太君からの近況報告です。
 
 このお兄ちゃんは、毎回ちょっと珍しい体験をして私達を楽しませてくれます。 
 
 
====== Yuta UCHIDA wrote ===== 
 
吉川さん、八木さん こんにちは 日本はもうすでに暑いのでしょうか。
Wisconsinは暖かかったり寒かったりで、なかなか安定しません。(今日は5度でし た)
この夏は大学にのこって、のんびりと授業をとりつつ、絵とか描いたり、色々と自分の
やりたかったことしています(主に学期中に読めなかった本や映画を見てます)
 
さて、前のメールで、私が隣の町のイベントに参加した時の話をさせてもらったのですが、
今回もコネの力で参加しました。前回はもう一人と一緒にやったのですが、今回は
一人でいそいそと絵を描きました。 
 
1.yuta uchida1
 
 
 
1.yuta uchida3
 
 
会場は、前と違って大きな教会で、人もたくさん来ていました。
 
その live painting とは別に今回のイベントのゲストの為のサプライズプレゼントとして
肖像画を書いてくれと運営の人からの commission をいただいたので(本番の四日前に)、
今週は朝からスタジオにいって、仮眠もスタジオでとって、夜遅くに寮に戻るという
生活を送っていました。
 
 
1.yuta uchida6
 
今回のイベントは前回にも増して反響がよかったので(おそらく)、よかったです。
イ ベント自体も地元のmusicianたちのコンサートや色々なことをするので、もしDuluthという
辺境にいらっしゃることがあれば、どうぞご参加ください。 
 
 
1.yuta uchida5
 
肝心のlive painting は、子供達がみごとに私の絵を容赦なく分厚く上塗りしてくれました。
 
子供ってスゴイですね。
 
 
1.yuta uchida4
 
では、また何かあればメールを送らせていただきます。
 
内田悠太 
 
=========== End of copy ============== 
 
 今回は子供たちが上塗りしてしまっていますが、内田君の画力には驚かされます。
 
以前の「アメリカ大学体験記」でご紹介しているのですが、すでに内田君の絵は、
値段がついて売れているようです。
 
 その内、「内田画伯」と呼ばれるようになりそうなので、値段が高くなる前に
私の絵を描いてもらっておきたいと考えています。 
 
 ちなみに、アメリカンドリームには様々な分野で才能を発揮している人がいて、
プロとしてアメリカで歌を歌っている女性や(10月に日本で演奏会があるので、
近日中にこのページでご紹介します。)音楽/イベントプロデューサーとして
数々の実績を挙げている人もいます。
 
 彼には、アメリカンドリームのテーマ曲を 作ってもらいました。音だけで情景を浮かび上がらせる、
その素晴らしい表現力に 驚かされます。 
 
 こんな多くの先輩達を見ながら、今年のCAP留学準備生達も、あと数週間で
アメリカの大学に向けて旅立ちます。
 
海外の地で奮闘する彼ら留学生たちに、素晴らしいことが、たくさんありますように・・・!!
 
 
アメリカンドリーム
吉川浩司
 
★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★
 
内田兄弟も受給して留学している、
返済不要の「アメリカ大学奨学金留学プログラム」
 
各地で説明会を開催中!!
 
広島会場は、3/27(日) です。
↓ ↓ ↓
 
 
 
 
 
 
 
 
 
このページの先頭へ