アメリカ名門大学を含め卒業率90%以上
留学のアメリカンドリーム

留学体験談

2016.2.19 閲覧数:11

【アメリカ大学留学体験記】 奨学金留学からスタートして現在世界最高峰の映画学部で学んでいます!

 

 広島学院高校を卒業して神戸大学に入学。しかし、神戸大学をやめて、返済不要の「ア メリカ大学奨学金留学プログラム」に申し込んで、ケンタッキー州のCampbellsville University に編入した大植剛典君から、うれしいメイルが届きました。
 
 彼は、「世界に通用するような映画の音楽を作りたい。」という目標を持ってアメリカ ンドリームのオフィスに来ましたが、当初の目標に向かって着実に歩みを進め、『ス ターウオーズ』を制作したジョージ・ルーカスの卒業校である、University of Southern California (USC) に転校して映画作りを学んでいます。
 
 彼の近況報告をご紹介しましょ う。
 
========  Takenori OUE wrote ======= 
 
吉川様 八木様
 
2010年1月に尾久田さんとともに日本を出発させていただいた大植剛典です。
本当にご 無沙汰をしております。お元気でいらっしゃいますでしょうか?久々にADからのメール を受け、こちらの近況報告を兼ねて失礼ながらメールをさせていただいたこうと思い至 りました。
本来ならそちらのオフィスまで出向くべきかとは思いましたが、何分遠方に おりますので、メールにて失礼します。
 
Campbellsville Universityを離れて以来、一度だけ相談させていただきたくオフィスに伺わ せていただいたことがありますが、あの後2013年1月に無事 University of Southern California の映画学部に編入いたしました。映画学部としては世界最高峰とされている大学ですので、今でもかなり自分にとってチャレンジではありますが、とても楽しく大学 生活を送っております。
 
夏休みにはインターンシップを映画制作会社等でさせていただ いておりまして、そのために現在もロサンゼルスで生活しております。今年の12月卒業 予定で、卒業してからの目処は今のところ立っていませんが、自立した生活ができるよ う精進しております。
 
インターンシップの詳しい経歴を一応こちらに載せておきます。 
 
2013年夏 Voltage Pictures にてインターンシップ。(ダラス・バイヤーズクラブやハート ロッカー等、アカデミー賞受賞作で有名な映画製作会社)
 
2014年夏(現在進行形) Film Independent にてインターンシップ。(LA Film Festivalで有 名な非営利団体)
 
2014年夏(現在進行形)Stories LLC. にてインターンシップ。(株式会社博報堂DYホール ディングス傘下の出資目的子会社、AD plus VENTURE株式会社と、株式会社セガの共同設 立会社。コンテンツホルダーとのパートナーシップを元に、小説、コミック、ゲーム、 映画、テレビ番組など日本のコ ンテンツ、ストーリーの映像化権を確保し、海外市場向 けの映画・テレビ番組などのリメイク作品を企画・製作する事業を行います。)
 
メールを拝見した際、この度ホームカミングを開催されると記載されており、顔を出し て尾久田さんや他の皆様と楽しくお話ができたらよかったのですが、日本におりません ので残念ながら今回は欠席とさせていただきます。
 
尾久田さんを始め、くれぐれも皆様 によろしくお伝えください。
 
また、八木様と吉川様もくれぐれもご無理などなさらないようご自愛くださいませ。
 
大植剛典
 
====== End of copy ===== 
 
 
 大植君は、とても物腰の柔らかい紳士ですが、着実にクリアしていく強い意志を持っています。
彼のように、「奨学金プ ログラムを使ってアメリカに留学。学生と教授の距離の近いリベラルアーツ大学で力を 付けて、その後目標とするトップランクの総合大学に編入して卒業する。」 という事 は、正しい努力を重ねれば、このように可能です。 
 
それをやってみせてくれた大植君は、あとに続く人達にも、大いに励みとなることで しょう。
 
ここからの大植君の行く道に、幸多かれ!! 
 
アメリカンドリーム 吉川浩司 
 
☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ 
 
大植君も利用して留学した、「アメリカ大学奨学金(返済不要)留学プログラム」 
説明会を全国で開催します。
 
広島会場は 3/27(日) です。
↓  ↓  ↓
 
 
 
 
 
 
 
このページの先頭へ