アメリカ名門大学を含め卒業率90%以上
留学のアメリカンドリーム

留学ワンポイントアドバイス

2018.12.12 閲覧数:337

335. オーストラリア航空各社、機内持ち込み手荷物の重量確認を強化 ≪在メルボルン日本総領事館≫

 以下、オーストラリアの在メルボルン日本国総領事館からの情報発信です。

年末年始にオーストラリアと日本間を渡航される方は留学生を含め

多いと思いますので、以下の情報にご留意ください。

 

 

====== Consulate-General of Japan in Melbourne wrote =====

 

オーストラリアの航空各社は、機内持ち込み手荷物の重量確認を強化しています。

国内便では既に実施しており、自動搭乗手続き後、手荷物(2個以上は特に)を持って搭乗する場合には注意願います。

 

QF航空:https://bit.ly/2LNlzAC

https://www.qantas.com/au/en/travel-info/baggage/carry-on-baggage.html?int_cam=au%3Abaggage%3Aarticle%3Acarry-on-baggage-%3Aen%3Ann

 

VA航空:https://bit.ly/2vcCkAi

https://www.virginaustralia.com/au/en/plan/baggage/carry-on-baggage/

 

JQ航空:https://bit.ly/2vgXAoj

https://www.jetstar.com/au/en/flights/baggage

 

当館管轄地域にお住いの皆様及び旅行者の皆様へ

 

オーストラリアの航空各社は重量確認を徹底すると発表しました。

手荷物が最大7キロを超えていないか厳しく確認する方針を明らかにし、国内便では既に実施されており、搭乗ゲートの手前で重量及びゲージにてサイズの確認を既に実施しています。

 

このため手荷物に関する問題が発生し、出発が遅れるケースも増加しているとのことです。

 

航空各社では、搭乗クラスに応じて1個当たり最大7キロまでに加えて個数の制限もありますので手荷物を機内持ち込みする際には、出発ゲートにて手荷物の重量・寸法確認を受け、7キロを超えた場合は機内への持ち込みはできず、預け入れ荷物として扱われますので、事前に各航空会社のHP等で確認することが必要です。

 

国内線では乗客が飛行機への搭乗手続き前に担当者が手荷物重量・寸法の確認を実施しています。

 

飛行機を利用される方は、事前に各航空会社の規定をチェックし搭乗時にトラブルとならないようご注意下さい。

 

QF航空:https://bit.ly/2LNlzAC

https://www.qantas.com/au/en/travel-info/baggage/carry-on-baggage.html?int_cam=au%3Abaggage%3Aarticle%3Acarry-on-baggage-%3Aen%3Ann

 

VA航空:https://bit.ly/2vcCkAi

https://www.virginaustralia.com/au/en/plan/baggage/carry-on-baggage/

 

JQ航空:https://bit.ly/2vgXAoj

https://www.jetstar.com/au/en/flights/baggage

 

====================================

在メルボルン日本国総領事館

Consulate-General of Japan in Melbourne 

===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+==

 

 

返済不要のアメリカ大学留学奨学金

2019年の春の説明会の日程が決定しました!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

アメリカ大学奨学金(返済不要)説明会

 

 

 

 

 

このページの先頭へ