アメリカ名門大学を含め卒業率90%以上
留学のアメリカンドリーム

留学ワンポイントアドバイス

2016.10.21 閲覧数:1,363

286. 日本人現役留学生へのアンケート ≪勉強編≫

 

 アメリカの大学で、留学生はどのような毎日を過ごしているのか、これから留学しよう

と考えている人達には知りたいところ。勉強方法やストレスの解消方法は?

現役の日本人留学生に質問してみました。

 

Q:毎日の勉強時間、勉強方法は?

 

 予習派、復習派は分かれるようですが、皆、毎日本当に真面目に勉強しています。勉強

場所として図書館を利用する人も多いようです。

 

簡単な授業の予習復習は30分程度、難しい授業では2時間くらい+小テスト前の勉強。

平均3-4時間(テスト期間だとほぼ一日中)、テキストを読む・書く等。

1コマの授業に復習は1時間くらい。予習は次回にやる範囲を教科書で読んでおくと

か。

集中できる図書館かcomputer labo、空いた教室などで勉強。予習できる授業は教科書

を読む。syllabusで次の授業内容がわかる場合はその箇所をカバー。復習は主にノート

や教科書の読み返し、そして問題の解き直し。

あらかじめ次の授業範囲がわかっていたら、その範囲の教科書やプリントを読んで予

習。授業では予習時の不明点を重点的に聞く。授業後に再度教科書やノートを見直して

復習。

一日に平均して約7時間は勉強。授業後少し休憩時間を取り、2時間ほどその日の復

習。夕食後は宿題と予習が中心。平均して5時間ぐらい勉強。

 

Q:気分転換やリフレッシュの方法は?

 

気分が乗らなかったらひたすら寝たりして、ひとまず現実逃避。もちろんその後に勉

強を終わらせる。

一番の気分転換はおいしいものを食べることなので、車を持っている友達に頼み週末

においしいものを食べに行く予定を作り、それを糧に一週間頑張る!

友達と映画(PC)を見たり音楽を聴いたり、あとは運動したりして気分転換。週末に

友達と馬鹿騒ぎをしてストレスを発散するのもひとつ。なるべく溜め込まな

疲れているときは、授業が終わって夕飯までの間思いきって寝ちゃう()。ま、それに

よりその日の夜がかなり忙しくなってしまうが勉強に余裕がある日は、友達と体育館

でフットサル!ブラジル人やスペイン人などのサッカー野郎達に交じってプレーすると

自分の下手さが際立ちが、それはとても楽しく、勉強のことを忘れられる至福のひと時

友達と勉強以外のことをたくさんしゃべる。

音楽を聴く。

 

Q:ノートの取り方は?

 

 ほとんどが、授業中はでたらめな文法でもスペルでもあるいはカタカナでも構わず、聞

こえたまま、見たまま、教授の話や板書をただひたすら書き取り、後で見直して理解する、

という方法を取っているようです。

その他参考意見は

 

基本、予習をしてポイントを事前に書いておき、授業では教授の指摘するところを再度書き足すように努める(授業を完全に理解することがまだできないので)。

ノートはルーズリーフを利用、ファイルにはさんでいくようにしている。配られたプリントも穴をあけてはさむことができるのであとで見直しをするときに便利。

付箋を持ち歩き、宿題やテストの詳細等を書いてファイルの表紙に貼っていくようにする。これで忘れることはほとんどな いし、終わったものは外して捨てるだけでいいので気に入っている。

大事なことは色ペンで書いたり、補足はノートの余白に吹き込みつきで書いたり。 シンプルにノートをとったほうがあとで見やすいからいいと思う。

 

≪続く≫

 

 

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★

 

 

UCLAなどの人気大学を含め、卒業率90%を大きく超える30年の実績!

大学・大学院・短 大・専門学校への留学(CAP)

 

 

留学費用を大きく抑えられます。

アメリカ大学奨学金留学プログラム

 

 

日本の大学生の皆さんへ!

インターンシッププログラム

 

 

目的に合わせて最適なプログラムをご案内! 

 

 

 

 

このページの先頭へ