アメリカ名門大学を含め卒業率90%以上
留学のアメリカンドリーム

留学ワンポイントアドバイス

2016.8.23 閲覧数:1,033

284. 2016リオ・オリンピックが閉幕しました。我が母校UCLAのメダル獲得数は?!

 

 オリンピック史上初の南米大陸での開催となったブラジル、リオ・デジャネイロオリンピックは

日本にも史上最多の41個(金メダル:12、銀メダル8、銅メダル21)のメダル獲得とともに、

数々の感動をもたらしてくれました。

 

 私は1984年にカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)を卒業し、

卒業後初めての仕事として’84ロサンゼルスオリンピックのジャパンプール(日本の放送局

連合体)の通訳としてオリンピックに関わりました。

 

 担当したのは、開会式のABCのモニタリング、男子体操、女子体操、柔道、マラソン等で、

 体操の森末選手の鉄棒10点満点金メダルや、具志堅浩二選手の奇跡の逆転個人総合

金メダル。柔道の斉藤仁選手の金メダルや、山下選手の肉離れの中での金メダル獲得、

等々、今でも鮮やかに記憶に残る感動の日々を体験しました。

 

 

1.LAolympics

 

 

 この時の体験がきっかけとなって、私はスポーツイベントに大きな関心を持つようになり、

その後、FIFAフランスワールドカップや、日韓共催ワールドカップ、広島アジア大会、

広州アジア大会等々のスポーツイベントに関わりを持つことになりました。

 

 2020年は、私たちの住む日本でオリンピックが開催されます。このページをご覧の皆さんに

お勧めします。人気競技はチケットが取れないことが予想されますが、数々の種目の中

必ずチケットの入手が可能な競技があるはずです。チケットが無くても、会場周辺の雰囲気を

味わい、マラソンの沿道で応援するだけでも、生涯忘れえぬ感動を体験できると思います。

リオ・オリンピックの感動を味わった直後の今、「よし!2020年の夏は東京オリンピックへ!」と、

決心されてはいかがでしょうか?

 

 日本チームは歴代最多のメダルを獲得しましたが、私の母校UCLAも数多くのメダルを

獲得したようです。(UCLA Alumni News より)

 

2016リオ・オリンピックでのUCLAの卒業生&現役学生の獲得したメダル:

 出場選手数:36名(アメリカ他、それぞれの所属国の代表選手として)

 金メダル:6 銀メダル:1 銅メダル:2

 

これで、UCLAのこれまでのオリンピックでのメダル獲得総数261個となり、

その内訳は以下のようになったようです。

 

 金メダル:133 銀メダル:66 銅メダル:62

 

1.UCLAwwp bruins

 

(出展:UCLA Bruins  /  http://www.uclabruins.com/news/2016/8/21/bruin-athletics-bruins-win-nine-medals-at-2016-rio-olympics.aspx )

 

 私も、オリンピックでは一生懸命日本の選手を応援しますが、国籍や肌の色、

文化の違う自分の母校の選手たちが、世界各国からオリンピックに出場し、

そして世界中からトップアスリーツ達が集うオリンピックで活躍をしてくれると、

「平和の象徴」として近代オリンピックの開催を提唱した、フランスのクーベルタン男爵の

精神に沿う事が出来ているような気がします。

 

(株)アメリカンドリーム

吉川浩司 (”84 BA in Economics, UCLA)

 

 

大学・大学院・短大・専門学校への留学(CAP)

 

 

アメリカ大学留学奨学金プログラム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページの先頭へ