アメリカ名門大学を含め卒業率90%以上
留学のアメリカンドリーム

留学ワンポイントアドバイス

2023.6.23 閲覧数:1,142

392. 平和は翼に乗って Peace On Your Wings ”ホノルル”発の”広島”を舞台にしたミュージカル開催決定!

アメリカンドリームの代表の吉川です。
私は、被爆2世です。18歳から現在まで皆勤賞を続けるくらい健康な身体に恵まれましたが、
子どもの頃から血圧が高く学校の健康診断では毎回ひっかかり、50歳になりたてで白内障の手術をし、
これらは原爆の放射能の影響かな、と考えたこともあります。

(株)アメリカンドリームを創業して以降、朝日新聞社の核廃絶プロジェクトに仕事として関わり、
国内外の平和団体の取材のお手伝いをし、国連軍縮大使やスミソニアン博物館館長へのインタビューを始め
多くの平和活動を知る機会も得ました。

また仕事とは離れて、恩師である広島女学院の元院長・理事長である黒瀬真一郎先生の依頼で
「被爆50周年 国際高校生サミット」や、「被爆60周年 日野原重明・小澤征爾 世界におくる平和のメッセージ」
などの事業にも事務局員としてお手伝いをしました。

しかし私は、国内外のどこの平和団体にも属していません。自ら進んで平和活動に志願することもしません。
実際に被爆を体験した私達の親の世代と違って、被爆2世には、平和の大切さは痛感しつつも
自ら進んで行動することに若干の躊躇がある、私のような人は多いのではないでしょうか。

被爆者達が高齢のために亡くなっていく中で、その体験を直接見聞きしている我々被爆2世が
このまま何もしなくて良いのか?と、考えることもないではありません。

平和活動に志願することはありませんが、私は海外からの来訪者の接遇にあたる機会が多く、
広島以外に住んでいる友人はもちろん、外国の著名人や政治家、学生・生徒達を連れて
平和記念資料館をご案内する機会も多くあり、その度に私は、自分の母親の被爆体験を語り
自分が目撃した原爆ドームの世界遺産登録の時の日米中の3カ国のチームプレイを紹介し、
広島から、「平和への希求」と共に発しているもうひとつの信号、
「どんな苦しい状況からも、人は必ず再び起ちあがり、街は復興できる」
などのお話をします。

でも、ここ広島で、広島の人達とともに平和について話をすることには
不思議な躊躇があります。その理由は私自身にもわかりません。

前置きがとても長くなりました。

太平洋戦争の始まりとなったハワイの真珠湾攻撃、そのハワイ州ホノルルの子ども達による
「サダコの千羽鶴」で知られる佐々木禎子の物語を題材にして創作されたミュージカル、
Peace on Your Wings “平和は翼に乗って”が、戦争終結の切っ掛けになったと言われる
被爆地、広島で上演されます。

皆さん、以下の二つの動画を視聴してみてください。コロナ禍で撮られたキャスト達の歌声です。

 

 

このミュージカルは未来への希望です。

2023年9月2日(土)(13:00~/18:30)と9月3日(日)(14:00~)に3回上演されます。

皆さん、会場に来てご覧になってみてください。
特に、私のような面倒な感情を持つ被爆2世を越えて、より若い人たちに見て欲しい、と、
強く思います。

このミュージカルの背景や、チケット販売情報等は以下をご覧ください。

ミュージカル Peace On Your Wings “平和は翼に乗って” (goope.jp)

 

(株)アメリカンドリーム
代表取締役 吉川浩司

 

 

☆ ★ ★ ☆  アメリカンドリームからの留学情報 ☆ ★ ★ ☆

返済不要の「アメリカ大学奨学金留学」

アメリカの大学が日本人留学生のために、返済不要の奨学金を支給します!!

返済不要の「アメリカ大学奨学金留学」に関する最新の説明会情報については以下をご確認ください!!

↓ ↓ ↓

留学説明会情報

このページの先頭へ