2020年3月25日現在、海外の複数の国々において在留する留学生に対して

「本国へ帰国した方が良い」と、帰国を勧める進言が発信されています。

 

以下に、「オーストラリアにワーキングホリデーで滞在中の方に対して」

そして、「カナダに高校留学中の留学生の家族に対して」発信された、

勧告的進言の例を掲示します。

 

======【在オーストラリア日本大使館より】=======

 

ワーキングホリデービザで豪州に滞在されている方へ(COVID-19関連)

 

【ポイント】

 

●職のない厳しい生活が6ヶ月続くかもしれません。帰国の手段も減ってきています。お金は?ビザは?医療保険は?あなたは大丈夫ですか。直ちに日本への帰国も視野に入れて行動して下さい。

 

【本文】

 

・豪州における新型コロナウイルスの感染状況が深刻化する中,連日豪州政府からワーキングホリデーの皆さんの仕事や生活に直結する新たな施策や方針が発表されています。

 

・豪州政府による施設閉鎖や活動制限は6か月もしくはそれ以上続き,その間,雇用情勢は厳しい状況が継続すると見込まれます。他州に求人があっても,入州制限をしている州では働けない可能性が高いです。また,現時点では豪州政府からワーキングホリデーの方に対する経済的援助はありません。

 

・国際線・国内線の運航停止や減便も増えており,日本への帰国もますます難しい状況になっています。ビザの有効期限によっては日本への帰国便が確保できなくなると不法滞在という状況に陥ってしまう可能性もあります。

 

・ 若年者であっても健康状態が悪いと重篤化し,生命に影響がおよぶ可能性もあります。特に,ワーキングホリデーの方の中には無保険の方もいるようですが,もし無保険で重篤化した場合,医療費数が百万円から数千万円と非常に高額になることが見込まれます。

 

・ワーキングホリデーの方で,蓄えが少なく近い将来生活が困窮してしまう可能性のある方,現在仕事がなく日本の家族等からの援助を得るのが難しい方は,直ちに日本への帰国をご検討下さい。

 

在オーストラリア日本大使館(新型コロナウイルス関連情報)

https://www.au.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

 

【メール発信者】

在オーストラリア日本国大使館領事部

電話:02-6273-3244(代表)

FAX:02-6273-1848

メール:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

大使館HP:https://www.au.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

 

====== End of copy ===========

 

 

========= カナダの州政府教育相から高校留学中の留学生の保護者に向けて=====

 

【要約】

カナダにおいて、いくつかの空港がすでにクロースされており、

それはこれから更に増えて本国に帰りにくくなる可能性が強く予想されます。

現在取り掛かっているコースワークについては帰国後にオンラインで継続できるよう

配慮します。

今学期の成績もつけ、次の学期の進級に影響が出ないように配慮します。

母国においての帰国のための条件等を大使館のホームページ等で確認して

速やかに帰国手続きに入ることをお勧めします。

そして、帰国が決まったら詳細をインターナショナルオフィスに連絡してください。

 

 

Important Notice from the

International Education Office

 

Dear Parents and Custodians,

 

We deeply value your children in our community of learners and can appreciate the challenges families are facing due to COVID19.

 

With the COVID19 health situation in Canada, parents need to weigh the risk of their child remaining in Canada versus that of having them travel back to their home country. We hope the following information will help parents in making this difficult decision.

 

Today, Vancouver airport is one of only 4 Canadian airports open for international flights. In the next days and weeks, there may be more travel restrictions, and more closed borders. Many students have already returned or are preparing to return.

 

International students who are enrolled with a K-12 school in B.C. will be allowed to complete their coursework for this school year via online learning opportunities from overseas countries. More details will be available later.

 

Every student will receive a final mark, and all students on track to pass their grade will do so. Therefore, studies for the next school year will not be affected. We will be pleased to issue certificates of attendance and report cards, upon request. Final report cards will be issued in June. We will continue with the process of preparing reports for validation, for those students that require them.

 

Arrangements to return home should be made as soon as possible, while there are still open borders and available flights. Many countries have called for their citizens to return home, and this increases daily. Check with your countrys embassy website for travel requirements as needed. We ask that the International Education Office is informed of any travel plans.

 

While students are still in Burnaby, please help to strictly enforce the importance of physical distancing for COVID19 prevention. Students are to STAY HOME unless otherwise directed by host parents.

 

We will continue to provide updates as information becomes available. We appreciate your patience and understanding as we work to support your children both here and abroad.

 

=====End of copy =======

 

 

 私も現在海外に在留中の留学生の皆さんは、本国への帰国手配に入られることを

お勧めします。

 

 やがてこの事態は収束します。関係各機関は今回の非常事態が

皆さんの将来に影響しないように最善を尽くすと思います。

事態が通常に戻ってから留学の再開は可能です。

 

 もし戻るまでに時間がかかったとしたら、関係各機関においては、

オンライン等で学習が継続できるような措置を講じる、と、私は見ています。

 

 今は一度、留学生諸君のことを心配しているご家族のもとへ帰ることをお勧めします。

 

 

(株)アメリカンドリーム

代表取締役 吉川浩司