以下、台湾の移民政策に関する記事です。

 

=====Copy starts here =====

 

5月15日、台湾は「新経済移民法」の草案を公開し、「高い専門性を持つ

外国人」のみならず、「中程度の技術水準を持つ外国人」を受け入れ、年間

183日以上7年間台湾に居住すれば永住ビザを認めるという方針を示しました。

 

「中程度の技術水準を持つ労働者」は、「技術者や高度プロフェッショナル

従業員の補佐、機械操作、組み立てなどに従事する労働者」を意味し、12万人

不足しているとされていますが、受け入れる際の月給の下限は上位70%の水準

に設定し、41,393台湾元(≒152,300円)とした上で、介護サービス要員に

ついては32,000台湾元(≒117,700円)としました。

 

台湾の高齢化率(65歳以上)は14%を超え、アジアの中では日本の次に高く、

出生率は1.17と日本(1.44)よりも低いので、少子高齢化が大問題になって

います。

 

ただし、人口のピークは2024年と予測されており、現時点でも総人口は僅か

ながら増加。それでも、台湾が移民政策を打ち出したのは、日本・韓国・中国

の少子高齢化を眺め、先手を打たなければ将来に禍根を残すことを理解したから。

為政者の危機意識と先見性の高さが窺えます。

        

          (出展:Timely Report  「Vol.173 台湾は移民政策に踏み込む」)

===== End of copy =======

 

 簡単に言うと、「台湾は、現段階ではまだ少子化に伴う人口減少の度合いでは

日本より緩やかだが、将来の人口減少に対する大きな危機意識を持って、

台湾政府は大幅な移民政策を打ち出した。」という事です。

 

 私は、約20年くらい前から留学のカウンセリングの中で、

 

「やがて君たちがマクドナルドに行ったら、君たちが発音できないような名前の

名札を付けた人が、”ゴイッショニ Potato はイカガデスカ?”と言う時代が来るよ。」

 

「それから5年くらいして、今度は君たちがマクドナルドのアルバイトの面接に行くと、

これまた君たちが読めないような名刺を持った人が、店長として君たちを面接し、

その数年後には、就職面接で本社の人事部長がそうなっているよ。」

と、話していました。

 

 今、すでに現在の日本はそうなっていると思います。

もはや人事部長ではなく社長が外国人になり、社内の会議が英語で行われ

決算書類も英文会計となっています。

 

 以下の写真は、私が出席した広島のある会議で配布された会計資料の項目です。

会議は、その運営方法も含めてすべて英語ですので、動議の提出方法も

日本の会議のそれとは違います。参加者のうち約3分の1程度が日本人でした。

 

1.english accounting002

 

 これから社会に出る人たちは、恐らく会社で40年以上働くことになるのでしょう。

「自分は英語は嫌いですから。外国人は好きじゃない。付き合わない。」

という選択肢が、果たして自分の将来を明るくしてくれるものでしょうか?

 

 私が子どもの頃に読んだSF漫画の中では、地球上での戦争は終わり、

「地球連邦」や、「地球防衛軍」が存在していて、地球人は一致団結して

宇宙からの外敵と戦っていました。「国」という概念が、現在の「市や県」

くらいの考え方に変わり、言葉や文化の壁が気にならない時代が

もうすぐやって来るのではないでしょうか?

 

 今の若い人たちは、そういう時代を想定して、その中で幸せに暮らせるような

自分になっている準備しておく方が良いように私は思います。

海外の大学への進学は、そのための有効な手段の一つではないでしょうか。

 

(株)アメリカンドリーム

吉川浩司

 

アメリカの大学が、返済不要の奨学金を日本人留学生に対して支給します。

興味のある方は、以下の説明会にご参加ください(無料)

↓ ↓ ↓ ↓

 

アメリカ大学奨学金(返済不要)説明会

アメリカ大学奨学金(返済不要) 説明会 広島会場