2018年の夏に、「返済不要のアメリカ大学奨学金留学プログラム」を使って

留学を開始したAD生達から、最初の学期の終了報告が届いています。

日本の高校を卒業した、その数か月後にアメリカの大学に入学した

彼らの生活は、どんな様子でしょうか?

 

 これからアメリカの大学に入学を考えている人たちにとって、

参考になると思いますので。ちょっとご紹介しましょう。

 

 まずは、愛媛県立三島高等学校を卒業して Minnesota State University, Moorheadに

入学した石川菜野さんからの1学期終了報告です。

 

======= Nano IWASHITA wrote ========

 

 

吉川さん 八木さん

 

こんにちは。Minnesota State University Moorhead に在籍中の石川菜野です。

お元気でお過ごしでしょうか?

 

先週私のアメリカでの最初のセメスターが終わりました。

まず、成績からお話しすると、6教科すべてにおいてA grade をとることができました。

吉川さんから教えていただいたように、アメリカでの生活に慣れるためにも難しい教科は取らないようにし、General の科目を多く取りました。

どの授業を学んでいても思ったことは、日本でしっかりと勉強していてよかったなということです。どの授業でも根本的なことは一緒なので、日本で学んだことが大いに活躍しました。といっても、最初は右も左もわからず、あたふたしていました。しかし、賢そうな生徒と友達になって一緒に勉強したり、教授のところに質問をしに行ったりして無事アメリカで初めての学期を乗り越えることができました。

 

生活面においても充実した日々を送っています。

週末は友人と買い物に行ったり、料理を作ったりして楽しんでいます。

現地に来る前は、温暖な気候のもとで育った私が氷点下を余裕で超えるミネソタで暮らせるのか不安でした。しかし慣れとは不思議なものですね。最近ではマイナス3度ほどぐらいでは心地よいと思うほどになってしまいました。

 

次のSpring semesterではより多くのことにチャレンジしようと考えています。まず一つとしてはキャンパス内で仕事を始めることです。やはり、友達と遊ぶとなるとお金がかかります。親のお金を使うのは気が引けるので、自分で手に入れたお金で生活面でもより楽しい生活を送りたいと思っています。

また、学校が提供しているNSE Program ( National Student Exchange Program ) に申し込もうと思っています。このNSE programではinstate tuition、もしくは、私が在籍している大学と同じ授業料でアメリカ内の大学、もしくはカナダで勉強することができます。貴重な大学4年間をもっと有意義で、素晴らしいものにするためにもいろんなことを経験し身に着けたいと思っています。詳しい事が決まり次第ご連絡させて頂きます。

 

長くなりましたが、近況報告でした。

日本も徐々に厳しい寒さとなっている頃だと思います。くれぐれもお身体に気を付けてお過ごしくださいませ。

 

石川菜野

 

======= End of copy =======

 

 私は、留学カウンセラーの仕事を30年以上やっていますが、

短期の語学研修と違って、卒業目的の大学留学の場合は、

どんな人でも出発が近づくに従って不安が募って来るのが普通なのですが、

石川さんは、ずっと「楽しみです!」と、言っていました。

 

 過去にそんな人も居ない訳ではなかったのですが、

そんな人も空港から、「なんか今になってドキドキしてるんですけど。」

と電話をかけてきたりしたので、「不安になって当たり前だから

直前にそうなってもパニックにならないようにね。」と、話していたのですが、

以下が、上記のレポートの数か月前に届いた、到着直後の彼女からの連絡でした。

 

======= Nano ISHIKAWA wrote =======

 

吉川様

こんにちは。cap fall 2018 の 石川菜野です。

 

無事アメリカに着きました!

やはり楽しみ、ワクワクが200%、不安0%での出発でした。

吉川さんが以前言っていたように、トラブルにあったり、不安になったりすることが旅中にあるかと思ったのですが、無事何事もなく目的地まで着きました。(幸運なことに羽田発ミネアポリスゆきの飛行機は30分早く着きました)

 

明日、大学の寮に入寮します。

 

気を緩めずにこれからの大学生活頑張ります!

 

石川

 

 

======= End of copy =======

 

 「ワクワクが200%で大学に到着し、最初の学期で6教科全てにストレートAの成績。」

なんとも素晴らしいスタートダッシュですが、万が一彼女が落ち込むことがあったり

あるいは自分の立ち位置や進行方向が分からなくなった時こそ、

出発地である、我々アメリカンドリームが必要とされる時とも言えます。

 

 明るい彼女の進む道を応援しながら、私達は引き続き石川さんのアメリカでの

物語を楽しみに見守らせてもらうことにしましょう。

 

 素晴らしいことが、たくさんありますように・・・!!

 

アメリカンドリーム

吉川浩司

 

 

☆☆ ★★ ☆☆ ★☆ ☆☆ ★★

 

石川さんも申し込んで留学した

 

返済不要の「アメリカ大学奨学金留学プログラム」

 

この奨学金を使えば年間$13000程度の自己負担でアメリカ留学が可能です

卒業まで毎年支給され、申込時点の英語力に制限はありません。

 

説明会 広島会場はこちらへ!!

↓ ↓ ↓

アメリカ大学奨学金(返済不要)説明会