アメリカンドリームに申込んでくれる人は、広島の人ばかりではありません。

昔から電話やFAX等を使って、遠隔地から申し込んでくれる人もいましたが、

Skypeやメイルが普及している今は、毎年、広島以外からの申し込を頂いています。

今までも東京や大阪を始めとした日本各地はもとより、遠くはアメリカやスイス、

そして南米のエクアドルから申し込んでくれた人達もいます。

 

 さてそんな中の一人、大阪から申し込んでくれてSkypeでCAPのプログラムを進めた

谷川大虎(たにがわだいご)君から、留学体験談が届きました。

真面目で真っ直ぐな谷川君らしい、とても嬉しいレポートです。

どうぞ皆さん、読んでみてください!!

 

======= Daigo TANIKAWA wrote =======

 

 

吉川さん、八木さん

 

こんにちは‼︎

現在ノースカロライナ州にある

St. Andrews University(SAU)に通う谷川大虎です。

 

1.daigotanigawa

(*左側が谷川君、右側は彼のタイ人のルームメイトです。)

 

今の学校に通い始めて2年が経ちました。(ESL半年と学部過程1年半)

今、アメリカの大学に通っている感想を素直に書くと、

行って良かったな、と心から思います。

 

平日の授業があるときは、

ほとんど勉強。

特に前セメスターは、読む課題が多かったので、

昼間はほとんど課題を読むのに時間を使っていました。

 

勉強して行く中で、

「自分はこういうのにも興味があるんだ」

という新たな発見もでき、

毎日に新たな自分が見つかってるような感覚があり、

とても楽しいです‼︎

 

僕の通ってるSAUは、めちゃめちゃ田舎で、

歩いて15分でやっとスーパーに行けるというくらい、

周辺に娯楽が全くないので、

いい意味で勉強に集中できるいい環境です。

 

おかげさまで、朝は学校のジムに行って身体を鍛え、

昼と夜は勉強で、

学生的にとても健康的な生活ができています(笑)

ジムで仲良くなった友達と、

SAU FITNESSというグループを作り、

インスタグラムなどでFitnessを活気付けようという働きもやってます

 

残り、卒業まで順調にいけば、

2年半ありますが、気をぬくことなく、

全力で突っ走っていきたいと思います‼︎

 

吉川さん、八木さん、

僕をアメリカへと導いてくださりありがとうございます。

これから暑くなってくると思います、

お身体には気をつけてください。

ありがとうございました。

 

谷川大虎

 

 

======= End of copy  =======

 

 実は谷川君は、このレポートに後輩たちへの教訓を添えてくれています。

それは、留学準備中の皆さんの出発が近づいた時に、お話しすることにしましょう。

 

 今や、ITの進歩のおかげで住む場所や出身地に関わらず、友情をはぐくみ、

年代をも越えて交流できる現在の状況は素晴らしいと思います。

そしてこうやって彼らの奮闘ぶりをつぶさに見せてもらえる私たちの立場にも

深く感謝しています。

 

 素晴らしいことが、たくさんありますように・・・!!

 

アメリカンドリーム

吉川浩司

 

 

☆☆ ★★ ☆☆ ★☆ ☆☆ ★★

 

谷川君も申し込んで留学した

 

返済不要の「アメリカ大学奨学金留学プログラム」

 

この奨学金を使えば年間$13000程度の自己負担でアメリカ留学が可能です

卒業まで毎年支給され、申込時点の英語力に制限はありません。

 

説明会 広島会場はこちらへ!!

↓ ↓ ↓

アメリカ大学奨学金(返済不要)説明会