ビザを取得するのも比較的簡単で、かつ現地で資金を補いながら長期海外生活が実現するこの制度を利用し、今では毎年1万人以上の人が海外へ飛び出しています。「語学プラス何か」を求めているあなた。ワーキングホリメーカーとして海外で自分自身にチャレンジしてみませんか?

 

ワーキングホリデーの目的

ワーキング ホリデー制度は、二国間の協定に基づいて、最長1年間異なった文化の中で休暇を楽しみながら、その間の滞在資金を補うために、付随的に就労することを認める特別な特別な制度です。両国の青少年を長期にわたって相互に受け入れることによって広い国際的視野をもった青少年を育成し、ひいては両国間の相互理解、友好関係を促進することを目的としています。

 

ワーキングホリデーの対象者

日本国籍の日本に在住している18歳から30歳までの人(一部の国は18歳から25歳まで)

 

ワーキングホリデーの対象国

オーストラリア・ニュージーランド・カナダ・韓国・フランス・ドイツ・イギリス ・アイルランド・デンマーク

 

ワーキングホリデーの特徴

ワーキングホリデービザの取得条件は国によってそれぞれ条件が異なります。詳しくは各国大使館もしくはワーキングホリデイ協会で確認できます。

 

語学力向上の必要性

海外で長いこと暮らしていくには、ある一定の語学力(会話)力は必要です。海外に身を置き有意義な時間を体験(アルバイト等)されると言う観点から、現地の生の情報をいろいろな人から得るにはその国における言語力が不可欠だと思いますので、できる範囲内での語学研修をお薦め致します。