近年、学校、コースの多様化により、様々な留学形態を選ぶ事が可能となってきました。

通常の語学研修を修了された後、マーケティングやWebデザイン、ダンスなど目的に合わせたプロフェッショナルプログラム(TOEFL/IELTSスコア要)に進むことも可能です。

 

語学学校の所在地は4年制大学などのオンキャンパスの場合と都心の中心部のビルの中にあるオフキャンパスの2パターンがあります。宿泊は通常ホームステイとなりますが、オンキャンパスの場合は、大学寮を選択する事が可能です。レジデンス、アパート等の手配ができる学校もあります。

 

【語学留学のいろいろな目的】

 

 進学を目指す方

語学学校によっては提携校(4年制大学、カレッジ、専門学校)を持ち、一定のレベルを修了した時点で提携校より入学許可を正式にもらえるという「条件付入学許可」を持っている学校があります。語学学校卒業後、さらに進学することを目的とするコースです。

 

 ワーキングホリデーを目指すとする方

パートタイム語学コースと、現地日本人アドバイザーによるワーキングホリデーサポートセミナーを組み合わせたコースです。セミナーは生活、暮らし、仕事の3つのトピックを基に、ワーキングホリデイで働く際に必要な各種手続きの申請方法、不動産屋との賃貸契約の仕方、履歴書の書き方などの指導を受けることができる実用的なコースです。

 

 インターンシップを目的とした方

海外で学び、そして働く。インターンシッププログラムは、語学研修の後、海外の団体や企業での実務研修を通して、「使える英語」の習得と「真の国際人」としての知識や経験を身につけ、語学の勉強だけでは物足りないと思っている方に最適なキャリアアップすることができます。

 

 テストスコアアップを目的とする方

世界的に認められている英語能力試験であるTOEFL、IELTS等のスコアアップを目指すコースです。世界各国で広く認められているこれら検定試験は、英語の知識量そのものを測るのではなく、英語の知識を実際に使いこなす能力を判定する試験であり、より高いレベルの英語力を養成することを目的としたコースです。